当教室に通うS君が在籍する合唱団(TOKYO FM少年合唱団)のクリスマスコンサートに行ってきました。

“小学生の男の子だけで結成されている合唱団は珍しく、世界の合唱団の中でも貴重な存在となっている”

ということをお聞きし、とても楽しみにして参りました。

もちろん演奏は期待通りのもの。

賛美歌からクリスマスソングまで、よくあれだけたくさんの曲を覚えたと、関心。

進行の中で、少々アクシデントはありましたが、全て“かわいい~”で済まされるものでした。(笑)

S君は、まだ入団したばかりなので、予科生。

この予科生の慣れない動きが、なんとも言えず微笑ましく、会場を一気に和ませていました。

本科になっての活躍が、楽しみです。がんばれ~S君。

※昨日行った発表会の練習中、S君が“ジングルベル”を歌っている途中、いつも笑い出して歌えなくなっていた理由がわかりました。(笑)

画像